Project

「社長創出」に向けて、CEO協会が行っているプロジェクト、支援を紹介します

中高生向け起業家プログラム

内容

中学校や高校に対して、当社考案のメンタリングサポート付きビジネスコンテストを行っています。

目的

  • ビジネスに関する基礎知識の習得
  • アントレプレナーシップ体験
  • 「起業」という新しい選択肢の紹介

対象者

中高生

参加者が得られるもの

本プログラムを通じて、アントレプレナーシップに触れ普段の学びに活かすことができます。具体的には、自ら課題を見つける力、 新しいものを生み出そうとする創造性、情報を収集し分析するリサーチ力、アイデアを生み出す発想力、プレゼンテーション力、コミュニケーション能力、仲間と共同して 取り組むチームワーク力を身につけることができます。これらは、「自ら課題を見つけ、自ら考え、主体的に判断し、よりよく問題を解決する資質や能力を育てること」や 「学び方やものの考え方を身に付け,問題の解決や探求活動に主体 的,創造的にとりくむ態度を育て,自己の生き方を考えることができるようにすること」を目指した 総合学習のねらいに合致しています。

kyoto probono Initiative

内容

金融、営業、マネジメント系、広告・クリエイティブ系、 システム・IT系、調査・分析系など、多様な職種のビジネスパーソンや、士業・コンサルタントなどの 人達が、サポートを必要とされる団体や企業など対し、課題を聞き、現状を分析し、ともに成長を考える取り組みです。

目的

多様な経験を持つビジネスパーソンが、京都のスモールビジネスを支援する機会を創出することで、セクター(組織・所属)を超えた”知の交換”により、京都のビジネスと人材を育みたいと考えています。

対象者

  • 学生起業家
  • 中小企業全般
  • NPOやソーシャルベンチャー

参加者が得られるもの

人との繋がり とは?仕事の在り方とは?そんな問いに向き合いながら、今だからこそ会社を超えた新たな働き方を模 索することは、とても意味があることに思います。 プロボノという社会貢献のあり方 プロボノとは、ラテン語で「公共善のために」を意味する 「Pro Bono Publico」 の略です。 個人のスキルアップやモチベーションアップにつながることから、一部の先進企業では、社員 のプロボノ活動への参加を組織的に後押しする仕組みづくりが始まっています。

サービスサイト

https://www.kyobono.com/

「起業」や「事業継承」
に関する情報をお届けします
会員登録はこちら
公式LINEでも発信中!
共催イベントなどの
ご相談も受け付けています
お問い合わせはこちら